読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ULTRA KOREA チョン・ヒョソプ代表 Below インタビュー 和訳(1)

ULTRA KOREA 和訳

大韓民国 フェスティバル企画者に会った ULTRA KOREA チョン•ヒョソプ代表

 

真夏の総合運動場を暑くする <ULTRA KOREA> このフェスティバルを知らない人はいないだろう。世界最強のダンスミュージックフェスティバルと呼ばれる<ULTRA MUSIC FESTIVAL>を この韓国で、それもソウルのど真ん中で開催されるなんて数年前までも私たちには夢のような話だった。しかし、これはすぐに現実となり私たちは3回目の<ULTRA KOREA >開催を待っている。<ULTRA KOREA>を企画して運営する人はどんな人で、どんな想いで <ULTRA KOREA>を進行しているのか?気になることを解決するため <Below>は <ULTRA KOREA >のチョン•ヒョソプ代表に会った。代表は忙しいスケジュールの中でも、快くインタビューに応じてくれた。3月初めの平日の夜、江南のカフェで<Below>と代表の対話は始まった。

 

Below: お会いできて嬉しいよ。海外出張から戻ってきて間もないときいているけど?

 

代表: 数日前に戻ってきて。ほかの公演の準備もあるし、必ず<ULTRA MIAMI>も行かなきゃいけない。だけど周りの人は<Below>とのインタビューは受けた方がいいよ、‘超おすすめ’だからって。だから個人的にも会ってみたくて。

 

Below: ハハ(笑)ありがとう。インタビューの本題に戻ろう。韓国ダンスミュージックフェスティバルに対してどう考えてる?

 

代表: アジアでエレクトロニックミュージックは、まだ始まったばかりのホットな音楽ジャンルと言える。 韓国はもうアジアのエレクトロニックミュージックの中心地域に成長しているし、これを反証するのは韓国に継続して生まれている超大型クラブ。 このクラブの施設はとても好きだ。 これに追随できそうな国があまりない。 こうした点からして、韓国がアジアのダンスミュージックの中心地に成長しているとみられる。

 

Below: 去年の<ULTRA KOREA>にアジア各国のプロモーターが来たと、各国のプロモーターが自国にダンスミュージックフェスティバルを誘致するために動いていると聞いたが、どう?

 

代表: たくさんの国のプロモーターが相談に来て。どこの国のどんなフェスティバルかは言えないけど、アジアの多くの国のプロモーターが集まって。アジアの音楽市場をリードしていた人々がむしろ私たちに、一緒に働こうと言っている状況だ。 中国市場も拡大しながら、私たちはコンテンツ交流について積極的にコミュニケーションをとっている。

 

Below: ULTRA KOREAがULTRAのアジア進出をコントロールしていると聞いているけど、今年のシンガポールと日本、バリ進出のほかにアジア地域について全般的にどんな計画がある?

 

代表: いくつかの提案があって。 ウルトラをもっとよくブランディングして、アジア各国に進出させたい。 中国、台湾など自分の国で開催したいって言ってるプロモーターがかなり多い。 マイアミで韓国での開催を夢見ていた時の感じといっしょで、私たちもうまくいくパートナーを選んで日本と台湾を皮切りに、アジア進出を行う計画だ。

 

 

Below: アジアへの広がりが大きくなればなるほど、ラインナップの共有が容易になりそうだ。 例えば、ULTRAKOREAだけでなく、日本、シンガポールなども同じ日にフェスティバルを開催したら、アーティストのギャラを下げてさらに莫大なラインナップを準備することができるのでは?

 

代表: そうだ。 また、韓国のアーティストもアジア全体に送り出すことができるようになるだろう。 アジア諸国がULTRAというバンドになれば、DJ界のPSYのような人物を作り出すことができるかもしれない。

 

Below: ULTRA KOREAはどんなビジョンを持って韓国でフェスティバルを始めた?

 

代表: ULTRA KOREAが最初のエレクトロニックダンスミュージックフェスティバルではなかった。 エレクトロニックダンスミュージックが韓国で市場性があると判断し、その可能性をみたので、始めるようになった。

 

Below: (○_○)!!そうなの? それではこれからもULTRAを韓国で進めながら、韓国でどのような意味のフェスティバルとして位置付けられることを望んでる?

 

代表: 国内市場だけを考慮しない。 韓国は内需が小さいためにアジア全体を見てこそ、成長することができる。 国内の観客だけでなく、より、アジア圏をはじめ世界各国で多くの人が来て、楽しめる、韓国を代表するミュージックフェスティバルとして位置付けられることを望む。

 

Below: 現在までフェスティバルを実施しながら楽しかったこと、大変だったことなどどんなことを覚えてる?

代表:マイアミ本社を説得するのが大変だった。 初めてULTRAを韓国に持ち込もうとしたときは、韓国の存在感が今より高くなかった。 PSYも当時は今のように有名じゃなかったときだ。 そのため、本社では韓国についてはよくわからないといっていたようだ。 しかし、たゆまぬ努力と説得を継続し、マイアミ本社では、大韓民国、ソウルがK-POPをはじめ文化と芸術全般、ファッション、ビューティー産業などが急速に成長し、全世界の注目を集めていることが分かるようになった。 そして本社CEOをソウルに招待して蚕室総合運動場を見た。 彼らは感心し、フェスティバル会場としての条件を十分に備えていながら歴史的にも意味深い所だということにさらに魅力を感じ、アジア初開催地に選定した。 とても嬉しかった。

その喜びは言葉で表現できない。

 

Below: きいてるだけでもすごいことだ。 一般の人々が見るにULTRA MUSIC FESTIVALのライセンスを買う際に、適切なお金を支払って、会社の能力をある程度検証するようですがこんなに簡単にできないのか?

 

代表: ライセンス費用を支払ったとしても全てのことが、思い通りに簡単に進んでいる仕事はない。 今年は80以上のアーティストたちが、ULTRA KOREAで公演する。 観客数も10万人以上を期待している。 規模が本当に大きなフェスティバルなためにライセンスを獲るより簡単なことではないのだ。

 

Below: 大変だったことがほかにあるか?

 

代表: 2番目に大変だったのは総合運動場を説得する時だった。 1988年以降に総合運動場全体を貸してコンサートのイベントを開催したのがULTRA KOREAが初めてだ。 22時以降の公演が難しいだけでなく、公演を行う場合にも超えてはならない騒音基準値がある。 これを説得することがかなり大変で、 8ヵ月もかかった。 総合運動場を説得するために、関係者らと共にULTRA MUSIC FESTIVAL、マイアミに行った。 そしてULTRA MUSIC FESTIVALがどのようなフェスティバルかを見せ、ULTRA MUSIC FESTIVALがマイアミの経済に及ぼした総合的な影響についても説明した。 ULTRA MUSIC FESTIVALはいろいろとマイアミに繰り返して年間経済的影響を与える。

フェスティバルと関連された運営や費用支出はマイアミに915の雇用を創出し、フェスティバルと関連された運営及び観光費用の支出は国内総生産GDPに重大な貢献をしている。 また、このフェスティバルの総経済効果は毎年7,900万ドルに達する水準だ。 本当に莫大な金額だ。 このような点を検証された資料とともに説明したところ、総合運動場の関係者はULTRA MUSIC FESTIVALに対する信頼を持つようになり、実現した。

 

Credit : 대한민국 페스티벌 기획자를 만나다 #1: 울트라 코리아 정효섭 대표 | Below

 

ULTRA KOREA チョン・ヒョソプ代表 Below インタビュー 和訳(2)

ULTRA KOREA 和訳

大韓民国 フェスティバル企画者に会った

ULTRA KOREA チョン•ヒョソプ代表

 

 

Below: Global Gathering Koreaや、 World DJ Festivalは、漢江地区で開催して騒音問題をはじめ多くの問題でソウルを離れ、他の地域でフェスティバルを開催している。 一方、ULTRAは都市で開催するが、運営上難しいことがあるのでは?

 

代表: ULTRA KOREAは0時くらいにフェスティバルを終了して、都心のクラブと共にアフターパーティーを開催する。 このため、相対的に他のフェスティバルより運営時間が短い。 苦情に関しては、総合運動場が相対的に防音がよくできていてあまり大きな問題はない。 また、本社のプロダクションチームが、これまでの経験をもとにスピーカーのサウンドが出る角度などを調整して音を最小限に減らして運営している。

 

Below: 今までULTRA KOREAを開催してきてアーティストに関する印象に残っていることは?

 

代表: 初来韓だった何人かのアーティストたちは韓国のオーディエンスの反応に驚いている。 公演開始から終わるときまでずっと熱狂し、情熱的にフェスティバルを楽しむ韓国のファンにみんな感動している様子だった。 オーディエンスは本当にすごい。 アーティストたちをすごく驚かせた。

 

Below: 2012時はSkrillexが、2013年にはArmin Van Buurenが国旗を広げたりしたが、これらはすべてアーティスト本人が望んだパフォーマンスなのか?

 

代表: アーティストが準備してほしいと要請する。 ULTRAの良いところは他のフェスティバルは韓国で全部運営をしなければならないのに対して、ULTRAの場合は本社からチームが来て舞台、照明、アーティストケアなどを私たちと一緒にチェックし、担当する。 アーティストたちのすべての要求事項を本社が整理して私たちに伝えている。 国旗もアーティストたちが準備してほしいと要請し、それに合わせて国旗を準備しておいた。

 

Below: 注目しているアーティストは?

 

代表: 難しい質問だ。 ははは(笑)。実力のあるアーティストはすごくたくさんいる。 誰と直接的には話さないけど、これからも成長した姿を見せてくれることを期待する。

 

Below: アーティストのギャラに関連して、ラスベガスで天文学的な金額でアーティストを打診しているけど。

 

代表: (ため息)

 

Below: この前Stereo SonicのCEO、Richie McNeillが'誰かラスベガスに爆弾を落としてくれることを望んでいる'と述べたところだけど、韓国はもっと大変そうだ。

 

代表: もちろん簡単ではない。 World DJ Festivalと、Grobal Gathering Koreaが韓国のエレクトロニックシーンを作り出し、基盤があったからULTRA KOREA が誕生した。ギャラの問題で大変だと言っていられない

 

Below: 今年持っている最終兵器や一撃があれば?

 

代表: 今年のアーティストのラインップを確認してもらえればわかるけど、豪華なラインナップを揃えている。 さらに豪華になったステージを期待してほしい。 UMF KOREAは今年から1ステージ追加し、計4つのステージでの構成予定だ。 一方、ライブステージがさらに強化される。 今回の第1弾ラインナップから音楽ファンたちが他と差別化された点で最も注目している点がまさにライブステージ。すでにライブヘッドライナーに発表された3組だ。 そして今年はこれまでの経験をもとに熟した運営を見されるかと思う。 今回は国内外のオーディエンスのため利便性にさらに焦点を合わせて準備中だ。

 

Below: さらに成熟した運営を通じてアジアを代表するフェスティバルに生まれ変わるのか?

 

代表: そうだ。 単にフェスティバル、祭りを越え、韓国の夏の夜を代表する文化として位置づけられるために努力している。

 

Below: 初開催より2回目が確実に成長した運営を見せてくれた。 蒸し暑い8月から6月にフェスティバルの開催を変更して、フェスティバルの現場運営など、様々な面で工夫されているようだ。 今年のフェスティバルは、ライブステージが強化されているようだが'Carl Cox Arena'はなくなるのか?

 

代表: そうだ。 しかし、彼に劣らない新たなステージでオーディエンスに新鮮な感動を贈る。 期待してほしい。

 

Below: 第1弾ラインナップの発表が少し遅かった。 アーティストとの契約が最終的に出来てなかったためか?

 

代表: 契約が終了していないと言うことよりは最高峰のアーティストたちを何組も追加してさらに最強の第1弾ラインナップを発表しようとしたためだ。 発表がやや遅くなったものの、ファンの反応は本当に熱い、今回のULTRA KOREAに対する期待はますます高まっていくようだ。 最後までオーディエンスを失望させないだろう。 私の自尊心もそれを許さない。 最後まで完璧にしようと思う。

 

Below: ラインナップ発表後の反応がいい。 しかし、それにもかかわらず、さらに期待している人たちがいる。 もっと期待してもいいか?

 

代表: 期待しても良い。

 

Below: 最後にこのインタビューを読んでいるBelowの読者と、今年ULTRAに来る方々に一言 !!

 

代表: 準備には多くのお金ととても多くの努力が要る。 見る方は1日、2日だか、私たちはこのフェスティバルをよくするため1年を通して苦労する。 しかし、オーディエンスの熱い反応と愛のために常にがんばることができる。 皆さんにとって忘れられない経験をプレゼントするために努力を本当にたくさんするという点を分かってほしい。 私たちのこのような努力の中でオーディエンスの皆さんには楽しい思い出が作られたら嬉しい。 本当に忘れられないある夏の夜の夢と同じ公演を届けてくれるだろう。 これまでULTRAを愛してくれたオーディエンスとファンがいなかったら、ULTRA KOREAは最高になることはできなかった。 今年の夏、もう一度音楽で1つになる機会を逃さないようにする。 そしていつも感謝している。

 

Credit : 대한민국 페스티벌 기획자를 만나다 #1: 울트라 코리아 정효섭 대표 | Below